【麹の力で免疫力アップ】うまみ成分が塩麹の10倍以上?!常備しておきたい万能調味料〜醤油麹〜

こんにちは  現在、4歳4ヶ月の息子(タロー)と1歳7ヶ月の娘(ハナ)を育てている専業主婦、ヨウコです。

 

何年か前にブームになった塩麹はみなさんもう使われたことがあるかと思います。

では醤油麹はご存知ですか?

スーパーにも、塩麹は売っていても醤油麹はあまり見かけなかったり、売られていても種類が少なかったりと、まだブームは来てないようですね💦

 

そんな醤油麹ですが、

実は塩麹よりも旨味成分が10倍以上!と言われてるんですよ!!

醤油麹も塩麹並み?か、それ以上の万能調味料なんです!

 

今回は、我が家では毎日の料理に欠かせない「醤油麹」についてまとめてみました。

 

 

醤油麹とは

米麹、醤油、水から作る発酵調味料です。

味は、醤油と味噌の間!と表現したらわかりやすいでしょうか。基本、醤油代わりに使えますが、醤油以上にとってもまろやかです。

 

醤油麹の効果・効能

塩麹と同じく、

  • 肉・魚を柔らかくする
  • 保存性を高める
  • 腸内環境を整える
  • 免疫力アップ

などの効果があります。

ただし麹の酵素は熱に弱いので、加熱せずに食べるのが効果的だと言われています。

 

 

我が家の醤油麹活用方法

1.肉・魚に漬ける

身がホロホロに柔らかくなります。塩麹同様、漬けておくと日持ちするので、肉・魚を買ったらすぐ漬け込みます。

そのままソテーするだけでなく、アレンジも可能です。

例えば

豚肉に醤油麹+生姜を一緒に漬け込んで生姜焼き

鶏肉に醤油麹+生姜+ニンニクを一緒に漬け込んでからあげ

青じそを一緒に漬け込んでも美味しいです。

我が家では親子丼にも醤油麹漬けの鶏肉を使うのですが、なんと調味料は醤油麹だけで絶品親子丼が作れちゃうんです!!

一般的には親子丼の味付けって、醤油・砂糖・みりん・酒を使いますよね?

でも醤油麹自体がとってもまろやかなので、砂糖もみりんもなしでちゃんと美味しい親子丼になるんです!!

びっくりでしょう??

砂糖を使わないのでヘルシーですよね♡

 

さらに身がホロホロで柔らかく、下味もついているので本当に絶品!!言うことなしです◎

離乳食(後期から〜)や幼児食にもおススメです。

 

2.納豆のだし代わりに

市販の納豆のだしって美味しいですが添加物が入っているものも多いですよね。

我が家では納豆をよく食べるのですが、だしの代わりに醤油麹をつけて食べています。

無添加なので安心安全ですよ〜。

ここに卵黄をのせて混ぜ混ぜ、すると、ねっとりまろやかな醤油麹納豆のできあがり♡

超絶美味しいので、お試しあれ!!

加熱しないので麹の栄養素を最大限に摂取できます。

納豆も発酵食品なので、最強の組み合わせですね!

 

3.食べきれなかった刺身を漬けにする

お刺身を買ってきて余ったら醤油麹に漬けておくと、翌日も漬け丼などにして美味しくいただけます。

マグロなどの赤身の魚がおすすめです。

お刺身って、スーパーで閉店間際に半額になってたりしますよね。漬け丼にするなら見切り品で十分!!

家計にも優しいですよ〜。

 

4.ディップとして生野菜・温野菜につけて食べる

醤油麹にマヨネーズやすりおろしにんにくを混ぜ合わせても美味しいです◎

野菜をパクパク食べれちゃいます。

こちらも加熱しないので、効果的な食べ方です。

 

醤油麹の作り方

塩麹と同様、我が家ではヨーグルトメーカーで作っています。

米麹 200g

醤油 200ml

水 100ml

を容器に入れて60度に設定してスイッチオンするだけ。

本来なら数日かかりますが、ヨーグルトメーカーだとたったの6時間で完成します。

使用する醤油も無添加のものを選ぶと安心ですね。

 

麹の粒感を残してもいいのですが、我が家は醤油代わりに使うことが多いのでブレンダーで液体状にして保存しています。

 

まとめ

とってもヘルシーで美味しくて便利な醤油麹の魅力が伝わったでしょうか?

一度スーパーで探してみてくださいね!

もしもハマったら(きっとハマる)、自家製醤油麹もぜひ作ってみてください。

ヨーグルトメーカーも手ごろな価格で手に入るので、持っていると便利です。

発酵パワーで健康になりましょう♡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました