荻野恭子さんのレシピをさらに簡単にアレンジ◎炊飯器で!世界のインスタ映えレシピ◎

こんにちは、ヨウコです。

 

料理研究家の荻野恭子さんをご存知ですか?

私はNHKのまる得マガジンという番組で知ったのですが、

荻野さんのレシピは、本当に簡単に世界各国の料理が作れるのでよく作っています。

 

 

今回の記事では、

炊飯器で簡単に作れる世界のお米料理を2つご紹介します。

 

ズボラな私はさらに簡単・手軽に作れるレシピにアレンジしてみましたので、

そちらもよければお試しください。

※勿論、荻野さんオリジナルのレシピの本格的な味にはかないませんが、それでも家族から週一でリクエストされるほど、十分美味しいです♡)

 

♦♦♦目次♦♦♦

・荻野恭子さんについて

・おすすめレシピ1(シーフードパエリア風炊き込みご飯)

・おすすめレシピ2(タイ風チキンライス)

・まとめ

 

荻野恭子さんってどんな人?

60か国以上を旅し、現地で各国の料理を学ばれてきた料理研究家。

現在は料理研究家として、料理教室や講演会活動、メディア出演などに幅広く活動されています。

レシピ本も多数出版されています。

 

⇒書籍紹介はこちら

表紙を見ただけで手に取りたくなるような本ばかりです。

 

 

[quads id=1]

 

おすすめレシピ1

炊飯器で簡単!シーフードパエリア風炊き込みご飯

材料(2~3人分)

※赤字部分を我が家流に簡単アレンジしています。

  • 米 2合
  • えび(有頭) 4匹
  • いか 1ぱい
  • あさり(むき身) 40g
    ⇒シーフードミックスで代用!
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • オリーブ油 大さじ2
  • レモン(くし形) 適量
  • パセリ(粗みじん切り) 適量

《A》混ぜ合わせておく

  • ベーコン(薄切り/みじん切り) 1枚分
  • にんにく(みじん切り) 1かけ分
  • たまねぎ(みじん切り) 1/4コ分
  • トマト缶(ホールタイプ/缶汁ごと) 100g

《炊き汁》

  • サフラン 小さじ1/4
  • パプリカパウダー 小さじ1/4
    ⇒なければカレー粉で代用!
  • 塩 小さじ1
  • 水 カップ1
作り方
  1. 米は洗って30分間浸水させ、ざるに上げて水けをきり、炊飯器(5合炊き以上)に入れる。
  2. えびは背ワタを取る。いかはワタと軟骨と皮を除き、胴は輪切り、足は粗みじん切りにする。えび、いか、あさりに塩・こしょうをふる。(←シーフードミックスを使用する場合は不要。)トマトの水煮は軽くつぶす。1の上に混ぜ合わせた《A》、具材の順にのせる。
  3. 炊き汁を入れ、早炊きモードで炊く。
  4. 炊き上がったらオリーブ油を加える。蓋をし、保温を切ってしばらく蒸らす。具材を取り出して全体を混ぜ、器に盛る。お好みでパセリをふり、レモンを添える。

 

アレンジポイント

・魚介類の下処理が面倒なので、時間がないときは(というかほとんどw)シーフードミックスで代用しています。

・サフランやパプリカパウダーって、小さいスーパーだと置いてなかったりしますよね。そんなときはカレー粉で代用してもパエリヤっぽくなります。色が(笑)。でも、市販の(特に安価な)パエリヤの素の原材料を見ると、サフランを使用せずにカレー粉を使っているものも多いです。意外と気づかずに食べていたりしますよ。

・できるだけ手間のかからないように、ベーコンのみじん切りは省略してゴロっと食べやすい大きさに、にんにくみじんぎりはにんにくチューブを使うとより簡単です。

 

 

[quads id=1]

 

おすすめレシピ2

炊飯器で簡単!タイ風チキンライス

材料(3~4人分)
  • 米 400ml(カップ2)
  • 鶏むね肉1枚 200g
  • ナムプラー 大さじ1/2 *小魚を塩漬けにして熟成させたタイの魚醤
  • パクチー 2株
  • しょうが (皮付きのまま薄切り)1かけ分
  • ねぎ (青い部分)適量

A》

  • 水 カップ2
  • 塩 小さじ1
  • 黒コショウ(粗びき) 適量
  • 塩 小さじ1
  • 黒コショウ(粗びき)適量
《たれ》
  • しょうゆ 大さじ1
  • みそ 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • 黒砂糖(粉末) 小さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2
  • すりおろししょうが 小さじ1/2
  • 粉唐辛子(韓国産/細びき)小さじ1/2 ※韓国のとうがらしは甘みのあるマイルドな辛さが特徴。入手できなければ一味とうがらし少々で代用しても。

 

作り方
  1. 米は洗い、たっぷりの水につけて15分間おく。
  2. 鶏肉は厚みを切り開いて均等にし、4等分に切ってナムプラーをまぶす。パクチーは根を切り落とし、茎と葉は【全体備考】を参照して刻む。
  3. 米の水けをきり、炊飯器の内釜に入れる。鶏肉、パクチーの根、しょうが、ねぎをのせ、混ぜ合わせた《A》を注いで炊く。
  4. 炊き上がったら鶏肉、パクチーの根、しょうが、ねぎを取り出し、ご飯を混ぜて器に盛る。パクチーの茎と葉、鶏肉を順にのせ、混ぜ合わせた《たれ》をかける。

 

アレンジポイント

・すりおろしにんにくとしょうがは、チューブのものを使うと手間が省けます。

・ナンプラーがない場合は醤油やオイスターソースなどでも代用できなくはないですが、できればここはやはりナンプラーが良いですね!でも、醤油やオイスターソースでも美味しいです。

 

 

まとめ

個人的に、荻野さんのレシピは本当におすすめです。

私のようにズボラな主婦でも、世界各国のおしゃれな料理を簡単に作れるんです。

普段作る料理は、やはり手軽さがイチバン大事だと思いませんか?

お料理は毎日のことだから、いかに手軽においしく作れるかが大事ですよね。

そんな手軽!おいしい!さらにはおしゃれでインスタ映え!

の3拍子揃っているのが荻野さんのレシピなんです。

ぜひぜひ作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました