子供が寝ない時に試してほしい5つの対処法(1歳児編)

子育て

こんにちは 😃

現在、4歳4ヶ月の息子(タロー)と1歳7ヶ月の娘(ハナ)を育てている専業主婦、ヨウコです。

 

ママ友たちと話していると、よく「子供が全然寝てくれなくて、、」なんていう話がよく出てきます。

おそらく子育てされている方の悩みTOP3に入るんじゃないでしょうか。

 

我が家も、タローが赤ちゃんの頃からあまり寝ない子だったので、それなりに苦労はしました。

タローの場合、寝ないというのは寝つきが悪いという意味ではなく、むしろ寝つきは良いほうで一緒にベッドに入ると割とスムーズに寝てくれたのですが、とにかく眠りが浅い!

一緒に寝ている間はよく寝てくれるのですが、私が途中で起きて家事などをしていると、必ず途中で起きて泣いてましたね。。

 

寝ない時の対処法は年齢によって変わってくると思うので、この記事ではタローが1歳児のときに実践してみた方法と、その結果を書いてみました。

 

1.生活リズムを整える

どんなに夜寝るのが遅くても、朝は7時頃までには起こし、朝日を浴びさせる

大人も同じですが、体内時計をリセットさせる効果があります。

そして天気がいい日はしっかりお外遊び。雨の日は支援センターに行ったりしていました。

タローはとにかくよく動く子でした。食べる寝る以外はずっと動き回っていて人一倍体力も消耗してたはずなのに、こちらが寝かしつけなければ10時でも11時でも普通に起きてるような子だったので、1歳半頃から朝寝はもうさせないようにしました。

お昼寝は、昼食後に1時間半程度。

夕方はお散歩や公園、買い物に出かけたりして、帰ったら晩ご飯。

お風呂は19時頃に入り、20時半頃に就寝。

早起きしてとにかく昼間は活動的に過ごす。これを心がけていました。

 

そしてその結果は、、、

特に睡眠が深くなるという変化は見られませんでしたでした、、、汗

でもタローの寝つきがよかったのはこの生活リズムのおかげだったのかもしれません。

私が一緒に寝さえすればどんなにお昼寝をした日でもすぐ寝てくれました。

タローの場合、眠りが浅いのが改善されることはありませんでしたが、

でも生活リズムを整えるのって大事なので、結果的に良しとしてます。

 

 

2.断乳する

生活リズムが整っていてもそれでも寝ない。というか途中で起きる。

もしかして夜間の授乳が癖になっておっぱいがないと寝れず眠りも浅くなってるのでは、、と思い、1歳4ヶ月で断乳しました。

周りから3日か4日くらい耐えたら朝まで一気に寝てくれるよ!って聞いてたのですが、

タローは2週間くらい泣きじゃくってました。

そしてついに2週間後、断乳に成功!

睡眠の変化は、、、

それまで1、2時間おきに起きていたのが3、4時間おきになったりました。

夜中3回か4回ほど起きてたのが、1回起きるくらいになりました。断乳は成功したので、トントンすれば寝てくれます。

少し深い睡眠になってきたようです。

 

朝まで一気じゃないんかい!

聞いてた話と違うじゃないか!

という本音はおいといて、でもでもタローにとっては大きな成長です。

 

3.遊ぶときは親も真剣に!

これは本当に効果あり!

1時間、もしくは30分でいいから、子供と真剣に遊んでください

結構疲れます!笑

普段からよく子供と遊んでるよー!って方も、途中で「今日の晩ご飯何作ろうかな〜?」とか他のこと考えたり、ママ友と話しながら相手したり、家事をしながら遊んでたり、たまにスマホを見たりと、意外と真剣に遊ぶってことができてなかったりします

 

一度、真剣に遊んでみてください。

子供も満足して、お昼寝もコテっと寝てくれたりします

 

4.朝まで一緒に横で寝る

私はタローが寝た間に家事を終わらせたかったので、息子が寝た後や早起きして別室で家事をしていました。

そうやって途中で私がベッドから抜け出すと、断乳成功後も1回か2回は途中で起きてました。

私がつい寝落ちしてしまって起きたら朝!って日もたまにあったのですが、 、そういう日はなんとタローも朝まで一気。

これが一番効果を感じました

やっぱりママと一緒だと安心するんですね。

 

しかしこれだと家事をする時間がないので、毎日朝まで一緒に寝るというのは無理でした。。

 

5.寝る時は全部屋消灯し、ベッドに入る

これは旦那さんの協力も必要です。

寝かしつけしている時に隣の部屋から少しでも光がもれてたら子供って気になって寝れないですよね。

なので、寝る時は真っ暗にして自分も一緒に寝る!これを徹底していました。

我が家では当たり前のようにしていたことですが、寝つきがよかったのは、これのおかげもあると思います。

 

 

~~4歳になった今、1歳児の頃を振り返ってみた感想~~

あの頃は1人目ということもあり私も何もかも手探り状態でした。眠りが浅いことで発達に影響があるんじゃないかと心配になったり、周りのよく寝る子の話を聞くとなんでうちの子は寝ないの〜と不安になったり、そんな毎日でした。

タローは現在4歳4ヶ月。

1歳の娘が横でギャン泣きしようが顔をパンチされようが、タローは寝てます。

あんなに寝なかった息子が、もはや幻のようです。

深く眠るようになったのは3歳頃からでしょうか。

ただ、今でも体力はものすごくあります。朝も早起きなので睡眠時間は周りの子と比べて少ない方だと思います。

それでも健康体です。熱なんてほとんど出したことがないし、風邪もめったにひきません。

 

これをしたから寝るようになった!というのはなく、生活リズムを整えたり色んな対策をしながら、徐々に徐々に寝れるようになってきた、という感じです。

そして「年齢とともに」というのが結構大きいんじゃないかというのが正直なところ。

 

 

 

ネットとかでよく、これをしたらよく寝るとか、こうやったら寝た!とか、様々な寝かしつけ方法を見かけますが、子育てって本当に個人差があるので、色々試しながら我が子に合った寝かしつけを見つけていくのが大事だと思います。

同じ方法を試しても自分の子供には効果がない場合も多々あります。

親は眠れる環境を作ってあげて、それでも寝ないときは、深く考えすぎないことが大事だと思います。

もちろん睡眠って大切。

ですが、ママがストレスを感じちゃうと、子供って敏感に感じ取ります

寝ないよりも、そちらの方が悪影響です。

 

心配しなくてもいつか寝るようになります。

大人になってもママと一緒じゃ寝れないって人、いないですよね。笑

 

寝てくれないのって、本当に疲れる。寝てる間に色々したいこと、すべきことが山積み。

でも寝てくれない寝てくれないってストレスを感じながら過ごす日々よりも、いっそ全てをあきらめて「元気だね!いっぱい遊びたいんだね〜!」って余裕を持って子育てできる日々を過ごせたら、毎日がより一層楽しくなると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました